新着情報

news

妊娠中の歯科治療について

こんにちは、谷町4丁目N’sデンタルクリニックです。

妊娠中に歯科治療は行えますか?

この様なご質問がありました。

一般的に妊娠中でも歯科治療は行えますが、妊娠初期には応急的な処置が中心となります。

それ以上の処置が必要な場合には安定期(4カ 月~8カ月ごろ)に産科と相談のうえ行うことになります。

妊娠中に多くの女性がなる歯肉炎。

歯肉から出血しやすくなる妊娠性歯肉炎の頻度は高く、その発現は妊婦35%以上にのぼると報告されています。

妊娠性歯肉炎は卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)という女性ホルモンの上昇と関連していると考えられています。

プロゲストロンの上昇は歯肉に炎症を起こりやすくし、同時に歯肉の血管に作用して出血しやすくします。

また女性ホルモンは歯と歯肉との間の溝(歯肉溝と呼びます)の中にいるある種の細菌の栄養源となり、細菌の増殖をもたらすとされています。

また妊娠の初期にはつわりで気分が悪くなり、歯磨きがおろそかになり、歯肉炎の原因であるデンタルプラーク(歯垢)の蓄積をまねきやすいことも関係しています。

これらのことから妊娠中は歯肉に炎症が起こりやすく、結果として出血しやすくなるのです。

「妊娠性歯肉炎の治療は通常は麻酔などを必要とせず、状態に応じた歯磨き法を用いること、歯の周りの歯石等を除去すること、専門家による歯面清掃」

などにより改善することができます。

また内服薬も必要とせず、うがい薬を使う程度ですので、妊娠中のどの時期でも安全に治療することができます。

大切な赤ちゃんの為にもお口の中の健康に気を使い、正しくケアをしましょう★

お勧めの記事 ママあのね

https://www.lion-dent-health.or.jp/mama-anone/pregnancy/article/dental-consultation-01.htm

地下鉄 谷町線 「谷町 4 丁目」駅 出口1A 徒歩すぐ

〒540-0012 大阪市中央区谷町 2 丁目 3 番 2 号 森居幸ビル 1 階

【自転車でお越しの方】

駐輪スペースはございません。マンションの敷地内や駐輪スペースにお止めにならないようお願い致します。

【電車でお越しの方】

地下鉄 谷町線 谷町 4 丁目駅 出口1A 徒歩すぐ